CORPORATE法人概要

BASIC INFORMATION基本情報

社名 社会福祉法人 協愛福祉会
本部所在地 宮崎県宮崎市佐土原町下那珂5053番3
MAP
電話 / FAX 0985-72-0001
法人設立 昭和50年5月26日
代表者 理事長 横山 正俊
職員数 130名

BASIC POLICY基本方針

協愛福祉会 4つの基本方針

1.Profits

子どもの最善の利益の保証
子どもひとりひとりの存在を認め、あらゆる差別や不利益を受けることなく、愛され、自分らしく豊かに成長・発達していくことを認め、このことを大切にしていきます。

2.Relieved

子どもが安心できる場所
職員や友だちとの安定した関係の中で、様々な人と出会い、関わり、心を通わせながら成長していくために、乳幼児期に最もふさわしい生活の場を豊かにつくりあげていきます。

3.Play

子どもの充実した遊びを提供
遊びは、子どもの体と心が健康であるために欠かせないものであり、教育の一貫である。遊びを通して、自主性・創造性・社会性などを身につけるような機会を設けていきます。

4.Staff

職員の基本姿勢
倫理観に裏付けられた専門的知識、技術及び判断をもって取り組み保護者の声に耳を傾け、その意向をしっかり受け止め、保護者と保育者が子どもに関する共通理解を図れるように努めます。地域の様々な人や場や機関などと連携を図りながら、地域に開かれた保育園として、地域の子育て力の向上に貢献していくよう努めます。

CHILDCARE GOALS保育目標

素直で明るい健康な子ども

  • げんきな子

    • くつろいだ雰囲気の中で心が安定し意欲的に遊ぶ力を育む。
    • 歩く、走る、跳ぶなど外での活動を十分に楽しむ。
    • 運動や休息、栄養を摂り規則正しい生活を送りながら自ら安全を守るような生活習慣及び態度を身につける。
  • がんばる子

    • 自分のことは自分でしようとする力を育てる。
    • 友だちと楽しく生活をする中できまりの大切さに気づき守ろうとする。
    • 最後まであきらめないでやり通す心を育てる。
  • やさしい子

    • 人との関わりの中で人に対する愛情と信頼感、相手の人権を尊重する思いやりを身につける。
    • 「ありがとう」という感謝の気持ちや「ごめんなさい」という素直な心、「いっしょにね」という強調のできる心を育てる。
    • いろいろなものとの触れ合いや出来事の体験を通してものを大切にする気持ちを身につける。
  • ゆたかな子

    • 生活の中でことばの興味や関心を育て、豊かな情操思考力・表現力の基礎を培う。
    • 自然の世界に多く触れ豊かな経験を通して自分なりに物を見たり感じたり、考えたりして豊かな感性と創造性の芽生えを培う。
    • 自然に対する知的興味や関心を育て思考力・認識力を培い科学的に観察する力を養う。

TOP MESSAGEトップメッセージ

Standing director

協愛福祉会 常務理事 横山和明

KAZUAKI
YOKOYAMA

協愛福祉会 常務理事 横山和明

子どもは子どもらしく自然体のままに過ごせ、
目標に向かってチャレンジすることができる場所。

協愛福祉会は、年代の壁がなく話しやすい雰囲気や目標が共有され互いに支え合うこと
仕事が楽しい等、「楽しく、やりがいのある職場」環境を目指しています。

「楽しく、やりがいのある職場」を提供できてこそ、子どもにより良い環境や保育が出来ると考えています。職員の思いは子どもに伝わります。「より良い想い」のために何よりも大切なものが「楽しく、やりがいのある職場」だと私たちは考えています。

また、私たちは「協愛福祉会」という大きなお家で、家族(職員・子ども・保護者・地域)の想いをしっかりと受け止めながら、生活しています。どんなことが起きても家族で話し合い助け合っていけば乗り越えられる!!と考えています。

保育活動では、子どもの主体性を大切にし、法人で考える「子どもの主体性が育つ4つの柱」を軸に保育を行っています。又、子どもは子どもらしく自然体のままに過ごせ、目標に向かってチャレンジすることができる場所。職員は、既成概念に捉われずチャレンジし続け、子どもや保護者に寄り添う保育を目指しています。最高の職員と共に、地域に根付いた保育園になるよう頑張っています。